音楽

美声のハーフ・シンガー「サラ・オレイン」のプロフィール & 動画まとめ

 

多彩な才能を持つシンガー、サラ・オレインは2010年、任天堂Wiiのゲームソフト “Xenoblade” のエンディングテーマ曲 “Beyond the sky” で歌手デビューしました。

その後、人気テレビ番組「関ジャニ∞の仕分け」に出演し素晴らしい歌声を披露したことで、「なんて美しい声の持ち主なんだ」と一気に時の人となったのです。フィギュアスケートの高橋大輔選手や羽生結弦選手とコラボしたことでも話題となりました。

 

オーストラリアのシドニーで生まれ育った彼女 (母親は日本人の音楽家) は、なんと、5歳からヴァイオリンの教育を受けており、絶対音感3オクターヴを超える音域を誇っているそうですよ。当然、その美しい容姿と天使のような歌声で今や飛ぶ鳥を落とす勢いの人気っぷりです。

語学的には英語、日本語、イタリア語、フランス語を話すことができ、ラテン語も理解できるそうです。絵本の翻訳やコピーライターとしても活動。そんな彼女は幼い頃からチャリティコンサートにも参加し、人権活動にも積極的なのです。
 

サラ・オレインのことをあまり知らないあなた!まずは彼女の歌声を少しだけ聴いてみてください↓

 

♪ Time For Us ♪

 

ちなみに、彼女の歌声は科学的に「健康に良い」ことが証明されています。心を落ち着かせ、安らぎを与え、脳にも良い影響を与えるとのことです。どんどん聴いて元気になりましょうね♡

 

 

 

♡💘♡サラ・オレイン♡💘♡
♡♡♡プロフィール♡♡♡


 
「第二のヘイリー」「ポスト・サラ・ブライトマン」などと称されるサラ・オレインは、1986年10月8日にシドニーで生まれ育ちました。音楽をこよなく愛する外交官の父と音楽家である日本人の母のもとに生まれ、幼少期からその才能を遺憾なく発揮していたのです。

「100年に一人」「天性のヴォーカリスト」とも称されるその歌声は、まるで天上から降り注ぐ陽射しのような癒しのサウンドです。また、外交官の娘として育ったサラには、生まれながらにして「上品さ」「気品」「上質」「インテリジェンス」が備わっており、独特な存在感をもつアーティストとして多くの人々の関心を集める存在となりつつあります😃

 

身長は176cmと少し大きめなのですが…☺️

 

シドニー大学では優秀な成績を収め、成績トップの者にしか贈られない賞を受賞しています。在学中にはヴァイオリニストとして世界的なオペラ歌手とも共演を果たしています。

さらに、世界で25人の学生しか選ばれない東京大学の留学生に選ばれ、東京大学教育学部に入学しています。

 

 

 

◉  軍艦島とサラ・オレイン

サラ・オレインは、ユネスコの世界遺産委員会での軍艦島 (長崎県) プレゼンテーション用映像作品「GUNKANJIMA  Traveler in Time」(出演:夏帆)の音楽を担当してくれました。

この映像の中の音楽(Shadows Of Time)をサラが担当し作曲・編曲を行なったほか、ヴァイオリン演奏、ヴォーカルも担当。 そして、本作品は先進映像協会「ルミエール・ジャパン・アワード 2015」の4K部門で優秀作品賞を受賞したのです😀

 

「GUNKANJIMA   Traveler in Time 」

 

 

 

◉ まとめ

サラ・オレインさんの理想の男性像は「専門的な何かに頑張っている人。そしてパッションが強い人」だそうです。あなたもそんな人物になるべく、情熱を持って何か一つのことに打ち込んでみませんか😉

NHK「おとなの基礎英語」や「報道ステーション」などでも拝見することができますが、今後も、さらなる活躍を見せてくれるであろうサラ・オレイン。透明感のあるエンジェル・ボイスでたくさんの人を癒し続けてほしいものですね!

 
 
 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◉ YouTube

 
 

♪ New Cinema Paradise ♪

 

 

♪ 島唄 ♪

 

 

♪ Let It Go ♪

 

 

 

 

☆ Related Post ☆