病気社会問題身体音楽

T-BOLAN (森友嵐士) 〜 声と元妻を失った悲運のロックスター

 

T-BOLANは、1991年にデビューした日本の大人気ロック・バンドの一つでした。
メンバーは、森友嵐士(ヴォーカル:広島県出身)、五味孝 (ギター)、上野博文 (ベース)、青木和義 (ドラム)。

結局、1999年12月に解散したのですが、デビューからわずか4年で1,700万枚というセールスを記録したのです!

 

2012年、オリジナルメンバーによって再結成されたものの2014年、再び活動を休止。再活動が待たれます。

ちなみに、このバンド名の由来は、T.レックスとそのヴォーカリスト・マーク・ボランから来ています☆

 

 

♪ 離したくはない ♪ (1991年)

 

 

 

その後、バンドはいくつかのヒット曲を連発し、1992年に発売された「Bye For Now」はミリオンヒットを記録☆ 押しも押されぬ大人気バンドへとなっていったのです!

 

 

♪ 抑えきれないこの気持ち ♪

 

 

しかしながら1995年、ライヴツアーの最中に森友は原因不明の喉の不調を訴え、担当医師は歌うことをやめるよう忠告。当時は公表されませんでしたが、その後、心因性発声障害と発表されました。

ドクターストップがかかる、そんな不調の中でも、T-BOLANはツアーを敢行していきます!

 

 

https://youtu.be/zbKaVx11Hw0

♪ By For Now ♪

 

 

1995年3月26日、強行的に行われたコンサートを最後に、バンドはしばらく活動休止状態となります。そして1999年12月、森友嵐士の復調のメドが立たないことから正式に解散することになったのです。

そして、森友が声を取り戻し、ようやく回復したのはおよそ10年後の2009年秋。久々に音楽活動を再開させた彼はソロで活動を続け、ついに2012年、13年ぶりにT-BOLANとしてオリジナルメンバーで再結成したのです!

 

結局、彼らはまた解散しました… (2014年春)

 

しかし、T-BOLANは2016年12月31日に一夜限りのカウントダウンライヴを行い、「また戻ってきたいです」と胸のうちを熱く語ってくれました。きっとまた、戻ってきてくれますよね♡

 

 

 

 

元妻マリアを襲った悲劇!

2004年、森友の元妻であるマリアは、集団自殺(計7人)を行いました。車の中で練炭を燃やして…

したがって、彼らの死因は一酸化炭素中毒です。マリアは、多くの心労が重なり、ネット上で心中のためのパートナーを募集し、集団自殺を決行したのです。

 

ちなみに、2人の間には一人の子供がいます。ただ、赤ちゃんが生まれた後すぐに、2人は離婚したのです。その原因となったのがマリアが抱えていた多重人格という障害…

マリアは幼児期の頃から実の父親に虐待や性的暴行を加えられていたらしく、それがトラウマとなり、多重人格を持つに至ったわけです。

 

彼女は、自分自身を変えなければなりませんでした。そうしなければ、彼女は生きていくことができなかったのです。結局、彼女は病院で「12人の人格を持っています」と診断されたのです。

 

 

そういった経緯もあり、普通の日常生活を送ることができなくなった夫婦は、苦渋の選択として離婚を決断。子供の親権は森友さんです。

その後、彼女は新しいパートナーを見つけ、2003年に再婚。多重人格を克服し、ようやく本当の幸せを手に入れることができたかと思っていたのですが、、、

 

残念ながら、夫は家庭内暴力を振るうDV夫だったのです。
すぐに別居したマリアさん。彼女は、5ヵ月の子供と2人で、新しい人生を始めます、しかし、夫のDVが引き金となり、再び彼女は多重人格で苦しむことになるのです。

そして運命の2004年10月、生きる力を失ってしまったマリアさんは自殺したのです (享年34)。

 

 

 

 

マリアさんは死ぬ直前、施設に幼い子供を預けました。そして、最愛の子供たちにメッセージを残すのです。

 

「ごめんね。私は死んでしまうけど、母として、あなたたちを産んだことは本当に幸せでした。」

 

 

…幼児期の彼女を救ってあげることはできなかったのでしょうか?

 

 

 

 

事件概要

2004年10月12日、午前6時29分頃、埼玉県皆野調町皆野の「美の山公園」展望台近くにある駐車場で、10~20代とみられる女性3名男性4名の合計7人がレンタカーのワゴン車の車内で死亡しているのが秩父警察署員によって発見されました。

発見された7人に外傷はなく、運転席に女性、シート2列目に女性2人と男性1人、シート3列目に男性3人が倒れている状態で発見されました。

 

ワゴン車の車内には、練炭を燃やした七輪が4つ置いていあり、遺書が複数見つかったので、一酸化炭素中毒によって集団自殺をしたとわかりました。当時、インターネットで仲間を集めて自殺するいわゆる「ネット心中」としては過去最多。

亡くなった男性の1人は、前日11日の夕方5時頃に、札幌市の男性友人(21才)宛に「秩父の皆野町で車の中に7人いる。練炭自殺」というメールを携帯で送っていて、その男性友人はおよそ50分後に秩父署に通報しています。

 

しかし、秩父の皆野町のどこなのかを特定することができず、翌朝再び捜索をしたところ、「美の山公園」の展望台付近の駐車場で7人の変わり果てた姿を発見。

7人がインターネットの自殺サイト上で書き込みをし合っていたことは当初から話題で、後にそのやりとりは公表されました。

 

この事件の首謀者が、ネットで自殺を呼びかけた東京都文京区の無職女性(34歳)。1999年に解散した人気ロックバンドT-BOLANのボーカル森友嵐士さんの元妻で、ロックバンド「メリーメリーマリー」でボーカルを務めるマリアさんだったのです。

結婚後、わずか半年で森友さんと離婚したマリアさん。

 

壮絶な生い立ちから、マリアさんの中には複数の人格が誕生してしまっていたのです。夫にバレるのを恐れていたのですが、子供を虐待してしまったり、子供を車の前に飛び出させようとしたり、家に火を放ったり…

治療を開始したのですが実を結ばず…

 

 

 

 

「前向きに生きろと言われるのは苦しい。かといって、後ろ向きだと死んでしまう。なら楽に生きるために、横向きで生きていければいい。」

「楽しいことがないのに、どうして生きる理由があるの?」

 

by マリア

 

 

皆さんは、この問題をどう考えますか?

 

 

 

 

☆ Related Post ☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA