【丸暗記英文】ビジネス編:4

 

今回は、まずはじめに be taken aback を使った例文をいくつか見ていきましょう ↓

 

🔴  (be taken aback  =  不意を打たれる、呆気にとられる)


 

 

 I was taken aback then.

(私はその時ハッとしました)

 

 I was taken aback by his rudeness.

(彼の無礼さに驚きました)

 

 I was taken aback by the news.

(そのニュースにびっくりしました)

 


 

 I was taken aback by such inhospitality.

(あまりの無愛想さにあっけに取られたよ)

 

 I was quite taken aback at their bad manners.

(彼らの行儀の悪さに全く驚いた)

 

 I was taken aback at the answer.

(その返事に開いた口が塞がらなかった)

 

 

 When I first met him, I was taken aback by his unexpected question.

(初めて彼に会った時、意外な質問にびっくりしました)

 

 I spoke to them in English, but I was taken aback because they were fluent in Japanese.

(英語で話しかけましたが、彼らは日本語が流暢だったので面食らいました)

 

 The others, taken aback by his rude speech, could find nothing to say.

(他の人たちは彼の無作法な言葉にあっけにとられ、何も言うことが見つからなかった)

 

 


日常生活においてもビジネスシーンにおいても、人生の中でtaken aback な場面は多く出てくることでしょう😅

 

続きまして…

以下の文章は少し長めで難しくなっています。

すぐに忘れて結構です。一度だけ、暗記に挑戦してみましょう。それでは Good Luck!

 


 

🔴  Japanese people have a uniquely Japanese communication style. That style is underpinned by and has arisen from values, conventional wisdom, and sometimes education that have been amassed over many years.

(日本人には日本人独特のコミュニケーションスタイルがあります。そのスタイルは、長年培われた価値観や社会通念、時には教育に支えられ出来上がったものです。)

 

 underpin  =  支持する、実証する

 amass  =  蓄積する、大量に集める

 

 

🔵  We modern people talk to others and communicate our messages using this communication style as if from habit, even though we are not aware of its background.

(現在我々はその背景すら知らずに癖のようにそのスタイルをもって相手と話をし、メッセージを伝えているのです。)

 


 

🔴  Of course, people from other countries, such as those in Asia and the West, also have communication styles that are based on the areas’ cultures and histories.

(もちろん、アジアや欧米など他の国の人もその地域の文化や歴史的背景に支えられたコミュニケーションスタイルを持っています。)

 

 

🔵  For this reason, when negotiating with or making presentations to Westerners, if we don’t understand their logical constructions or know how to make responses that will strike the right chord with them, no matter how well we speak English, we can’t convey our intentions well.

(ですから、欧米の人と交渉をし、彼らにプレゼンテーションをする場合、彼らのロジックの作り方や彼らの心の琴線に触れる応対方法を知らなければ、どんなに英語をうまく話しても、我々の意図を相手にうまく伝えることはできないのです。)

 

お疲れ様でした😌

 

 

 
★【丸暗記英文】ビジネス編:5 はこちら
 

 

☆ Related Post ☆