エンタメゴシップ

オノヨーコさんの波乱万丈恋愛人生 & 名言集

 

世界的大スター、ジョン・レノン (元ビートルズのメンバー) の妻であったオノヨーコさんは1980年12月8日、ジョンがファンに射殺された (享年40) 後もずっと世界中の注目の的でした。”世界で最も有名な日本人女性” といってもいいでしょう。

残念ながら、「東洋人がジョンをだまくらかしてビートルズを解散させた」…というマスコミのバッシングもあり、彼女は悪女としてのイメージを植え付けられました。

 

そんな彼女が慈善活動したとしても、「ジョン・レノンの未亡人」を前面に出しすぎている気がして好感が持てない…といった声も。。。

このように、オノヨーコさんが叩かれるのは性差別・人種差別・当時の状況 (第二次世界大戦の名残があった) などの様々な理由が挙げられます。

 

それでも、前衛アーティストとしてはかなり高い評価を受けていますし、その奇抜なアイデアや独創性から、ジョン・レノンの奥さんでなかったとしてもそれなりに有名になっていたことでしょう。

ちなみに、あの名曲「イマジン」はジョンが彼女の作品から強い影響を受けて作られていますし、ショービジネスに疲れた彼が再び創作活動をやる気になったのはヨーコさんのおかげなのです。

 

 

 

 

 

ジョン・レノンとの出会い ☆


 
二人の出会いは、ヨーコさんがロンドンで開催していた展示会。ジョンはそこに展示されていた「天井の作品」に強く惹かれてしまったのです。

これを機に、異性としても強烈に惹かれあった二人ですが、この時は共に配偶者と子供がいました。しかしながらその後離婚が成立し、二人は正式に結婚!

 

実は、ジョンは妻のシンシアが旅行で留守の時にヨーコさんを自宅に招待し、この時結ばれたのです。その日から、二人の同棲生活が始まります。

こうした背景 (不倫) もあって、世間は「デビュー前からジョン・レノンを支えてきたイギリス人妻から略奪した日本人女」と否定的に捉えられてしまったようです。

 

 

 

 

 

オノヨーコさんは生々しい人間らしい人間 ☆

ヨーコさんは、ジョン・レノンとの結婚中も何人かの男性と噂になっています。さらに、ジョンの死後はデザイナーの男性を自宅に住まわせ、実質的なパートナーとして20年以上暮らしてきました。

他にも、2人の夫婦生活が倦怠期だったということで、ヨーコさんが秘書の女性に「ジョンと関係を持ってちょうだい」と依頼したという話も。

 

この件に関しての真相はよくわかっていませんが、「ビートルズが1969年に解散した原因はヨーコさんではない」ということは、ポール・マッカートニーの証言で明らかになっています。

どうやら、ヨーコさんの存在に関係なく、ビートルズは解散寸前だったとのこと。このポールの発言に対して、ヨーコさんはのちに感謝の言葉を述べています。

 

 

 

 

 

 

母として 女として☆

2017年8月、NHKのテレビ番組「ファミリーヒストリー」に出演したオノヨーコさん (84歳) と息子のショーン・レノンさん。彼女いわく、この出演を受けた理由は「ショーンに家族のルーツを伝えたい」という思いがあったようです。

そんな母親としての顔も垣間見えたヨーコさんですが、若い頃はやはり芸術家らしく恋多き女として有名でした。

 

 

 
そんな彼女のプロフィールは以下の通りです。

 

 出生名:小野洋子

 生年月日:1933年2月18日

 出身地:東京都

 職業:芸術家・音楽家・平和活動家

 

 

1956年、ヨーコさんは作曲家の一柳慧 (いちやなぎとし) さんと恋に落ちて23歳の時に1度目の結婚をします。その後、自身の前衛芸術が全く理解されず、ことごとく批判される毎日にノイローゼぎみになって苦しんでいたところ、ジャズ・ミュージシャンのアンソニー・コックスに励まされ心動きます。

すっかりアンソニーに心奪われたヨーコさんは1962年、彼と結婚しようとしますがこの時はまだ一柳さんとは離婚が成立していませんでした。それでも、気持ち変わらぬヨーコさんは正式に離婚し、アンソニーさんと結婚。翌年、キョーコ・チャン・コックスさんが生まれます。

 

 

 

 

しかしながら。。。

 

その後ジョン・レノンと出会ってしまったヨーコさんはしばらく不倫関係を続けていくことになるのです。夫のアンソニーさんと娘のキョーコさんは離婚が成立するまでかなり苦しめられたようです。

自分が蒔いた種とはいえ、子供は可愛かったヨーコさん。娘の親権を取ろうとしますがキョーコさんは「あなたにはもう会いたくない」と拒否。キョーコさんは当時まだ子供だったにも関わらず、母親の身勝手さを感じていたのです。

 

しかし月日は流れ、キョーコさんは大人になり、旦那さんの勧めでヨーコさんに連絡を取ってからは頻繁に会うようになります。「子供におばあちゃんとの接点がないのは不憫だ」という理由もあったようです。

ジョン・レノンの死後は前夫のアンソニーさんとも連絡を取り、娘や孫たちと仲良く過ごしているそうです。

 

 

 

 

 

ヨーコさんの資産は?☆

ヨーコさんの両親の家系は共に資産家です。そういう家系に育ったからなのか、ヨーコさん自身もすごく商才に長けた人のようです。ジョン・レノンとの間に子供 (ショーン) が生まれたとき、ジョンは仕事を休んで専業主夫になりましたが、この時、不動産や投資活動によって資産を増やしたのはヨーコさん。

さらにジョンの死後、版権管理やビジネスなどで卓越した手腕を発揮して資産を増やしました。このようなことから、数千億円の資産があると言われています。

 

 

 

 

 

「イマジン」のソングライティングにヨーコさんもクレジットされる!


 
ジョン・レノンは1971年に大ヒット曲「イマジン」を発表しましたが、「この曲にはヨーコさんの影響が大きい」として、曲のクレジットにヨーコさんの名前が入れられることになりました (2017年)。

よかったですね!

 

 

 

 

 

現在のヨーコさんは? ☆

報道によると、ヨーコさんは2016年からレビー小体型認知症を患っていると言われています。

 

 

 

 

 

🔴  ヨーコさんの名言 ☆

 

🔴   悲しい。ジョンが声だけになってしまった。

 

🔵  一人で見る夢は夢でしかない。誰かと共に見る夢は現実だ。

 

🔴  人のためにしていることが、実はとても自分のためになっているということがあるのよ。

 

 

🔵  仕事は威厳と誇りを与えてくれる。この2つは人生になくてはならぬもの。

 

🔴  心の声に従って。そうすれば何をしたらいいのかわかるから。

 

🔵  ジョンは今まで出会った男の中で一番ロマンチックな人だった。彼は言ったの。君はね、毎日自分の愛に水やりしないといけないんだよってね。

 

 

 

🔴  私を守り、勇気づけ、ひらめきを与えてくれる高次元のパワーが頭上に、内に、周りにあると信じている。

 

🔵  否定的な気持ちを通り抜けるために、いつも過去や今の何か肯定的なことを見つける。

 

🔴  いまやっていることのポジティブなことに集中すること。

 

 

🔵  (誰かを) 許せないなら体に腫瘍かそれと似たものができるわよ。前に進むことは大変だけど、自分のために許してみましょうよ。

 

🔴  朝一番にすることは、夜通し溜め込んだ悲しみや痛みを呼吸とともに吐き出すこと。

 

🔵  愛より高尚なものはない。そして、愛することは、まず自分から始めるべき。

 

🔴  この世界は、今の人生がいつも最高なのよ。過去が最高と思うなら、あなた、危ないわよ。

 

 

 

 

 

 

☆ Related Post ☆