独学で英語マスター

【独学で英語マスター ♡ Lesson 3】楽しみながら効果的に勉強する方法

 

 

そんなあなたに、まずはじめにお伝えしておきたいことは、「インプットとアウトプットのバランスを意識すること」です。要は、学ぶことと同時にどんどん使っていかないといけないのです。定期的に海外旅行に行くもよし、日本国内において外国人の友達や同僚がいる環境で過ごせば尚良いでしょう。

 

と、能書きはこれくらいにして、

 

日本国内にいながら独学で英語を勉強する一般的な学習方法は以下の通りです。

  • リスニング (ラジオ・CD教材・YouTubeなどの活用)
  • スピーキング (シャドーイングでスピーキング力を強化)
  • 文法 & 語彙力 (テキストなどを使って地道に学習)
  • リーディング (興味のある英語の本を読む)

 

そして、モチベーション維持と現状のレベルをチェックするために、定期的に海外旅行に出かけてみたり、外国人の集まるバーなどに行って実践で英会話を試してみると良いでしょう。ところで、あなたの独学はうまくいっていると思いますか?実際、独りで淡々と勉強するって大変なことですよねー?

でも現状、無駄なお金をかけないで勉強しようと思ったら「独学」でやっていくしかないのです。「大丈夫かなぁ。3日坊主になりそうだなぁ。」・・・と心配されていませんか?

 

(今回は) そうならないためにも、一貫した動機づけを持って成功を手に入れましょう!
 

 

楽しみながら「効果的に」英語を勉強する5つの方法♡

 

 

① 大好きな音楽を聴き、歌詞を覚えて歌おう♪

あなたの大好きな音楽は何ですか?ロック?ジャズ?ラップ?…英語学習には、できることなら大衆的にヒットしている流行歌 (ポップ・ソング) が良いでしょう。聴きやすく覚えやすいはずです。YouTubeで検索して、何度も何度も聴いて歌ってみてください。暗記して、カラオケで歌えたら最高ですね!

 


 

② インタビュー動画を見てみよう☆

例えばあなたが映画好きであれば、大好きな俳優 & 女優さんのインタビュー動画を見て、彼らの話し方の個性などにも注目しながら意味を聞き取ってみましょう。他にも、好きな動画を何度も見て英語を学ぶのも一つの手です。ただ、あまりにも「何を言っているのか理解できない」状態であれば、字幕スーパーに頼りましょう。「退屈」「苦痛」は三日坊主の元ですっ!

 

 


 

③ 心の中の声を日記に書き出してみよう♡

最終的には「英語脳」を作り出さないといけませんから、今のうちからできるだけ英語漬けを意識してみましょう。その基本となるのが「心の中で考えること全てを英語で考えてみる」です!心に浮かぶ感情や文字 (独り言) などを、可能な限り楽しみながら英語にしてみましょう。何もなければ大好きな音楽の歌詞を書き出してみてもいいですよ😉

 


 

④ 外出時、1日1回はどこかで誰かに英語で話しかけてみてくださいねっ!

できる限り英語で誰かと話をしてください。そして、あまり神経質になってはいけません。事前にどんなことを質問したりするのかを準備しておき、必要な語彙や言い回しを調べておきましょう。

 


 

⑤ オンラインで誰かとチャット

現代社会において、SNS (Facebook, Twitter, LINE, Skypeなど) は独学の貴重な手段の一つです。こうしたツールを使って誰かと英語で話すことはあなたの学習意欲を高めてくれることでしょう。

 

 

 

そしてもう一つ♡

英語学習において、読書もリスニングやスピーキングと同じくらい重要です。「読む」ことは心を研ぎ澄まさせ、あなたの英語力をさらに高めてくれます。

 

 

これらの訓練を総合的に強化していけば、、、

あら不思議っ!

 

1年後、2年後にはネイティブの英語にかなり近づいているはずです。そのためには常に、体全体で (心で) 、「英語で考える」を実践していかなければなりません。よく読めば読むほど、英語が体に染み込んでいきますよっ!

当然のことながら、「独学」は簡単なことではありません。なので、あなたは常に自分自身に「なぜ英語を身につけなければならないのか」の動機づけを刷り込み、励ましていかなければならないのです。

 

  • 目標
  • ゴール
  • 動機
  • 計画

 

 

その手始めとして、

例えば1日20個の新語を学ぶとか、週に一度は外人バーに出かけてみるとか、具体的な目標を持って行動することが大事になってきます。

 

 

今度こそはやればできますっ!

Good Bye ! 三日坊主!

(^ ^)/

 

★【独学で英語マスター ♡ Lesson 4】「映画」のススメ & “Go” を Englishで学ぼう!はこちら
 

 

☆ Related Post ☆