エンタメ

羽生結弦選手の基本情報【まとめ】

 

ソチ・オリンピック (2014年・ロシア) に続いて平昌五輪 (韓国・2018年) でも金メダルを獲得した羽生結弦選手。男子フィギュアスケート界において、 なんと66年ぶりに連覇を果たした彼はメダルセレモニーの後にこう語っています。

 

「やっぱり4年分積み上げたものがあるかなと思います。ソチの時のガムシャラさとはまた違って、何か今回は本当に獲らなきゃいけないというような使命感もあったし、これを逃したら…という気持ちも少なからずあったし。」

「19歳 (ソチ) の時はもっと時間があると思っていたんですけど、やっぱり今回の五輪 (ピョンチャン) は『もう時間がない。もうあと何回あるかわからない』という緊張感もあったので、ある意味、五輪を感じられたのかなとも感じます。」

 

そんな羽生選手は2012〜2017年の間に世界記録を12回も更新しており『レコードブレーカー』と称されています。ショートプログラム (112.72点)、フリースケーティング (223.20点)、トータルスコア (330.43点) の世界最高点記録保持者でもあるのです (2018年)。

 

 

史上初めて、ショートプログラムで100点、フリースケーティングで200点、トータルスコアで300点超えを達成した男なんです!

さて今回は、国民栄誉賞の授与が決定した羽生選手についていろいろとまとめてみました。

 

 

 

プロフィール ☆

《続きを読む》

 

 

 

 

家族 ☆

《続きを読む》

 

 

 

 

東北への思い

《続きを読む》

 

 

 

 

大黒摩季さんとの関係

《続きを読む》

 

 

 

 

「本番に強い」わけ

《続きを読む》

 

 

 

 

喘息について

《続きを読む》

 

 

 

 

趣味・嗜好

《続きを読む》

 

 

 

 

恋愛観 ♡

《続きを読む》

 

 

 

 

「羽生は天使」と信じる中国のファン

《続きを読む》

 

 

 

☆ Related Post ☆