美容 & ダイエット

豆腐はダイエット・健康・病気予防に効果的

 

約1500年前、日本人は多くの中国文化を輸入し取り入れました。その中には表記法 (漢字) や政治制度といったものがありますが、一番重要だったのはおそらく「仏教」でしょう。その仏教に付随して、豆腐も日本にもたらされたのです。

僧侶たちは野菜類しか食べることを許されておらず、大豆から作られる「豆腐」こそが、彼らの食事でとても重要だったのです。

 

豆腐は、

・ベジタリアンにとって大事なタンパク源であり

・LDL (悪玉) コレステロールを減らしてくれ

・閉経期の症状を軽減させてくれます

 

 

豆腐の健康効果

豆腐は高タンパク質・低カロリーの食品で、身体に必要な必須アミノ酸を多く含んでいます。ほかにも、鉄分・カルシウム・ミネラル・マンガン・リンなどを含んでおり、マグネシウム・亜鉛・ビタミンB1といった栄養素を多く含んでいることでも知られています。

このように、豆腐は栄養価・健康の面から非常に優れている食べ物なのです。原料となる大豆同様、がんや心臓病の予防にも良いと考えられています。植物ベースの食品であり、総体的な健康・幸福感を与えてくれるモノでもあります。そして、肥満や糖尿病などのリスクを低下させてくれるのです。

 

 

また、豆腐はダイエットにも最適!高タンパク質でありながら低カロリーで栄養満点だからです。

加えて、豆腐はエネルギーを高め皮膚と髪を強化してくれます。

 

 

 

中国とは異なる進化を遂げてきた日本の豆腐

豆腐の本場・中国と日本では、豆腐の発達の仕方が異なります。豆腐を強烈な薬味の効いた野菜や肉と混ぜて味わう中国人に対して、日本人は簡単な調味料を加えるだけで食します。

伝統的な日本料理では、豆腐本来のあっさりとした美味しさが好まれています。

 

 

 

 

西洋人にも人気の豆腐

大豆は18世紀に西洋にも紹介されていましたが、その時はあまり興味を持たれませんでした。ただ科学者たちだけが、大豆製品の高い食品価値に気づいていたくらいです。

第二次世界大戦の最中、肉類が不足していたときにアメリカ政府は国民に大豆製品を奨励します。しかしながら、大豆製品は全く人気が出ず、戦後再び肉の供給が増えるにつれ、大豆製品への関心も途絶えていったのです。

 

それでも近年は、動物性脂肪の摂り過ぎからくる様々なリスクに人々が気づき始め、大豆製品により多くの関心が集まるようになってきました。なんと言っても「大豆」は、肉類とほぼ同じ栄養価を持ち、肉よりもずっと健康に良いのですから。

このようにして「豆腐」は、西洋人にとってももっとも健康的な食べ物の一つと認識されるまでになったのです。

 

 

 

病気の予防・改善に効果的な「豆腐」

ある研究で、「豆腐」はそのイソフラボンの高水準さから「年齢」や「生活習慣」に関連する病気のリスクを下げる可能性があることがわかってきています。

 

 

1. 心血管疾患

《続きを読む》

 


 

2. 乳がん・前立腺癌

《続きを読む》

 


 

3. 2型糖尿病

《続きを読む》

 


 

4. 腎機能

《続きを読む》

 


 

5. 骨粗鬆症

《続きを読む》

 


 

6. 閉経の症状

《続きを読む》

 


 

7. 肝障害

《続きを読む》

 


 

8. 脳疾患

《続きを読む》

 

 

豆腐は健康に良いんです ♡

 

 

アルツハイマー病の予防・改善に効果があるのかどうかは未だ解明されておりませんが、少なくとも様々な病気の予防には効果的な食材…であることは間違いないようです。

 

 

☆ Related Post ☆