エンタメ

日本びいき (親日家) の海外セレブたち【まとめ】

 

海外の有名人で「日本大好き!」と公言している方は本当に多くいらっしゃいます。もちろん、中には社交辞令やリップサービスの場合もあるのでしょうが、彼らの言動を見ているとどうやらそうでもないようです。

そこで今回は、「親日家」として有名な方々をまとめてみました。

 

 

日本語が話せる有名人

 

ベンジー・マッデン  (アメリカのミュージシャン (Good Charlotteのギタリスト)。妻は女優のキャメロン・ディアスです。

 

ディエゴ・フォルラン  (ウルグアイのサッカー選手)

 

ドラガン・ストイコビッチ (セルビアの元サッカー選手)。 日本語ペラペラで趣味は盆栽です。

 

エドワード・ノートン  (アメリカの俳優)

 

フレディ・マーキュリー  (Queenの元ボーカル)

 

マーティ・フリードマン  (メガデスの元ギタリスト)

 

ナタリー・ポートマン  (イスラエル出身のハリウッド女優)

 

ニコラス・ケイジ  (アメリカの俳優)

日本語学校に通っていたことも。

 

ピエール・リトバルスキー  (ドイツの元サッカー選手)

 

リヴァース・クオモ   (アメリカのミュージシャン :  Weezerのボーカル)

 

スティーブン・セガール  (アメリカの俳優)

武道を習得するために17歳の時から10年ほど大阪に住んでいました。元妻は日本人で、日本人妻との間に2人のお子さんもいらっしゃいます。

 

 

 

 

日本を溺愛する5人

《続きを読む》

 

 

 

 

「日本大好き!」を公言するセレブ

 

アレッサンドロ・デルピエロ  (イタリアの元サッカー選手)

 

ペ・ヨンジュン  (韓国の俳優)

事あるごとに、日本に寄付してくれています。

 

BoA  (韓国の歌手)

 

シンディ・ローパー  (アメリカの歌手)

 

グウェン・ステファニー  (アメリカの歌手:ノーダウトのボーカル)

「私は長年日本からインスピレーションを受けてきましたし、日本の人々と文化を心から愛し、感謝と敬意の念を持っています。そんな日本を襲った災害には悲痛な思いでいっぱいですし、私に出来ることがあれば何でもしたいと思っています。」

として、100万ドルを寄付してくれました。お気に入りの言葉は「かわいい」。ちなみに “原宿” の虜になり「Harajuku Girls」という曲を大ヒットさせたことも。

 

 

ヒュー・ジャックマン  (オーストラリアの俳優)

 

ジャン・レノ  (フランスの俳優)  「ちょっとした会話程度の日本語なら話せます」

 

ジェロム・レ・バンナ  (フランスのキックボクサー・K-1 ファイター)

東日本大震災後、家族から反対されるもチャリティー大会のため来日。「俺は日本で死んでもいい。その覚悟で日本に来た。フィアンセにも認めてもらってきた。」と熱く語ってくれました。彼も、日本を第二の故郷と公言しています。

 

ジョディ・フォスター  (アメリカの女優)

 

ジョン・レノン  (ビートルズの元メンバー)

 

ジョン・メイヤー  (アメリカのシンガーソングライター & ギタリスト)

彼は「アメリカ以外の国で住めると思うのは日本だけ」と公言するほどの親日家です。実は彼、高校生の頃に日本の一般家庭にホームスティしていた経験もあるんだとか。東日本大地震のチャリティ・アルバム「Songs for Japan」には「Waiting on the world to change」という曲を提供してくれています。

 

ジョン・ボン・ジョヴィ  (Bon Joviのボーカル)

デビュー当初、日本で最初に人気に火がついたことから日本びいきになってしまいました。日本食ではラーメンやナマコが大好きなようです。

 

ジャスティン・ビーバー  (カナダの歌手)

 

リアム・ギャラガー  (イギリスのミュージシャンでオアシスの元ボーカル)

 

ルイス・フィーゴ  (ポルトガルの元サッカー選手)  「寿司大好き!」

 

マドンナ  (アメリカの歌手)

 

マライア・キャリー  (アメリカの歌手)

自他共に認める “キティラー” 。マライアの部屋はキティちゃんグッズで埋め尽くされているそうです。

 

ミューズ  (イギリスのロック・バンド)。 メンバー全員が親日家として知られています。

 

クエンティン・タランティーノ  (アメリカの映画監督)

 

シャーリー・マクレーン  (アメリカの女優)

仏教・輪廻思想に傾倒しており、自身を一休の妻の生まれ変わりと称しています。娘にはサチコと名付けました。

 

ソフィア・コッポラ  ( アメリカの映画監督 :父親は有名なフランシス・コッポラ監督)

 

スティーブ・ジョブズ  (アメリカの実業家)

「禅」「SONY」「日本のライフスタイル」「美意識」に大きな関心を持ち続けていました。

 

スティーブン・タイラー  (エアロスミスのボーカル)

 

ティム・バートン  (アメリカの映画監督)

熱烈なゴジラファンとして有名で、ゴジラをきっかけに日本大好きになってしまいました。

 

トム・クルーズ  (アメリカの俳優) 「日本には特別な絆を感じる」「とにかく神戸牛と着物が大好き!」「何度でも来日したいよ!」

 

 

 

 

まとめ

日本食や日本の文化に興味を持ち、何度も何度も日本を訪れている海外セレブは本当にたくさんいます。

例えば、ロシアのフィギュアスケート選手アリーナ・ザギトワさんは練習などで日本に滞在する機会があることなどから秋田犬に一目惚れし、ついには秋田犬をプレゼントしてもらうことに! (2018年)

 

 

2012年には、東日本大震災で協力してくれたお礼としてプーチン大統領にも秋田犬がプレゼントされました。

 

 

 

映画「Descendants 2」のプロモーションで来日した女優のダヴ・キャメロン (左) とソフィア・カーソン (右)

 

 

ほかにも、

日本で活躍した元プロ野球選手や元サッカー日本代表監督のザッケローニさんなど、親日の方は例を挙げたらきりがないほどたくさんいらっしゃいます。

俳優のリチャード・ギアさんもそうですね!

 

皆さん!本当にありがとう!これからもよろしくね!

 

 

☆ Related Post ☆