忍者のささやき

歴史上の有名 & 伝説の忍者たち【まとめ】

 

封建時代の日本には、サムライ忍者が存在していました。忍者 (忍び) の役割といえば、「敵軍に潜入」し「変装」し「情報収集」をすること。

つまり、忍者は「密偵術」「心理学」「火術」「呪術」「薬学」「天文学」といった多くのことを学び習得する必要があったのです。

 

そんな忍術を使う者を「忍者」と呼ぶわけなのですが、その起源には多くの説があり、一説には聖徳太子に仕えた大伴細入という人物が「最初の忍者」であるとも言われています。

一般的には、鎌倉時代に荘園の中で発生した「悪党」に由来する伊賀忍者が最初…とも言えるでしょう。
 

 

ここでは、そんな忍者のレジェンドたちをまとめてみました。
 

 

 

★ 藤林長門

《続きを読む》

 

 

 

 

☆ 城戸弥左衛門

《続きを読む》

 

 

 

 

★ 伴資定

《続きを読む》

 

 

 

 

☆ 百地三太夫

《続きを読む》

 

 

 

 

★ 霧隠才蔵

《続きを読む》

 

 

 

 

☆ 石川五右衛門

《続きを読む》

 

 

 

 

★ 服部半蔵

《続きを読む》

 

 

 

 

☆ 加藤 段蔵

《続きを読む》

 

 

 

 

★ 望月千代女

《続きを読む》

 

 

 

 

☆ 風魔小太郎

《続きを読む》

 

 

 

 

★ 川上仁一

《続きを読む》

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

他にも、(江戸時代後期に活躍した徳川将軍家御庭番であり探検家でもあった) 間宮林蔵さんなども立派な隠密活動を行っており、忍者であったと考えられています。

 

城に忍び込み、放火をしたり情報収集をしたり、偽の情報を流布したり。。。

こうした活動をするにあたって、火薬の取り扱いに長けていたり変装・体力が優れていたりとマルチな才能を発揮していたのが「忍者」です。

 

また、ひとくちに「忍者」といっても城を持つまでに出世した者もいたようです。つまり、忍者とは影で暗躍した「忍び」というよりも、「特殊技術を持っていた武装集団」と解釈したほうが良さそうですね。

あなたも現代の「忍者」としてその才能を遺憾なく発揮してみませんか。

 

 

 

☆ Related Post ☆